毛の処理を考える時、まず最初にどのような方法を選択するかというと大抵の人が自分で処理をする方法を選ぶのではないでしょうか。

一番ポピュラーなカミソリを使う方法、クリームやワックスを使って処理をするなど幅広い方法が存在しています。

ですが、自己処理でどうにかしようとすると必ずつきまとうのが肌トラブルです。

カミソリ

カミソリを使っての処理は、血を流さない程度ではありますが皮膚表面を傷つけているためそれが赤みや痒みの原因になります。

また傷つけることによって乾燥を招くので痒みを悪化させてしまいます。


埋没毛も皮膚を傷つけることが原因で起こるのでリ
スクは高いです。

他にも毛穴を開かせてしまったり黒ずみが出来てしまったりとデメリットが高い方法ですから、綺麗に処理をしたいのならば選択すべき方法ではありません。

クリームを使う場合も毛を効率的に溶かして処理をすることが出来ても、肌に良くない成分が含まれていると肌荒れの原因となってしまい、毛が無くなったのに肌がひどい状態になっているということがあります。

また毛根から処理をしているわけではないので毛が残ってしまい、定期的に処理をしなければなりません。

ワックスは皮膚の上で固めてそれを一気に剥がすことによって毛を毛根から抜き取る方法で、自己処理の中では一番綺麗に仕上がる方法でしょう。

しかし、この方法は痛みがあり肌に大きな負担がかかります。

敏感肌の方が行うと肌トラブルの原因となってしまい、思わぬ副作用を生んでしまうこともあり得ます。

剥がし方を間違えると皮膚ごと剥がしてしまうトラブルもあり、やり方を間違えればその分事故も大きくなってしまうので細心の注意が必要です。


ワックスの使用後、
毛穴が大きく開いた状態になるので手入れを怠ると毛穴に雑菌が入り炎症を起こす危険性もあります。

自己処理は簡単に行える上にローコストではありますが、このような危険性が常に付きまとっていることを考慮しなければなりません
そして処理を行う理由が美容のためである以上、仕上がりが美しくならなければ意味が無いことも頭に入れておかなければならないでしょう。

高いリスクを払ってまで行うくらいならば、きちんと専門店で処理をすることをおすすめします。


レーザーやニードルなど種類はいろいろと
ありますが、そのような方法を試したことがない方におすすめしたいのが光脱毛です。

原理はレーザーと同じく毛の黒い色素に働きかけて育毛を阻害し毛を生えなくするというもので、何が違うのかと言えばレーザーやニードルは医療行為に該当するため美容外科でしか出来ないのですが、光脱毛は医療行為に該当しないためエステサロンでも受けられるので受ける場所の選択肢が広がるのです。


またレーザーと違って出力が弱いために
痛みが少なく、どういうものかまずは試してみたいという方や痛みが強くて断念したという方には痛みの負担が少ないため良いでしょう。

永久に毛が生えてこないようにすることは出来ないので、定期的に通う必要はありますが自己処理をしていると肌にダメージを蓄積させてしまうため、肌が段々と汚くなってしまうことを考えると最も肌に負担が少ない状態で毛の処理が出来るので肌トラブルが起こった時にかかる費用は必要なくなります
自己処理で黒ずみや肌荒れを起こしてしまった箇所も光脱毛に切り替えてからは肌状態が改善されて綺麗になったという話もあります。

またカミソリやクリームなどを購入する代金とエステなどで処置を行う料金をトータル的に考えると、長期間毛が生えなくなる光脱毛の方が安上がりになります。

それは定期的に続けるうちに毛が徐々に薄くなってくるので処理の間隔が段々と開いてくるからです
リスクが伴う自己処
理を続けるよりも、思い切ってエステやサロンなどで処理をしてもらった方が安全に処理が出来ます。


肌トラブルが本格化してしまう前に、光脱毛を試してみ
ましょう。

永久脱毛で理想の肌に変わります